場合によっては結構お高い?

何が知りたいかで、受けるべき検査も必要になる費用も違う

アレルギーで苦しむ人の数は年々増加しています。何らかのアレルギー症状がある人の割合は平成17年には3人に1人だったのが、平成23年には2人に1人まで増加したといいます。
実際、春になると花粉症によるクシャミや目のかゆみが憂鬱でたまらない人も多いでしょう。これはスギ花粉によるアレルギーが疑われます。
ではアレルギーとは何なのでしょう?
アレルギーは免疫の過剰反応です。免疫は誰もが持っている大事な機能。体内に侵入してきた細菌、ウイルス、食物、ダニ、花粉などを異物として退治してくれます。
アレルギー反応も免疫機能のひとつですが、アレルギー体質の人は免疫が体内に侵入してきた異物に対し過剰反応してしまいます。この過剰反応で自分の体も痛めてしまうのがアレルギーです。
このように体内に侵入してきた異物に対し免疫が過剰反応してアレルギーの症状が出たら、ステロイドの塗り薬や抗ヒスタミンなどの薬を使って治療をしていくのが一般的です。しかしその前にしなければならない大事なことがあります。それはアレルゲン(アレルギーの原因)を特定することです。その方法として血液検査があります。
アレルゲンを特定する検査には他にも、アレルギーを引き起こす代表的な物質を直接皮膚に接触させる皮膚テストや食物除去試験という疑わしい食べ物を一週間程度除去するテストもありますが、ここでは血液検査をして調べる方法について種類や費用について解説していきます。