場合によっては結構お高い?

>

IgE-MAST33とViewアレルギー39とHRTの3検査

Viewアレルギー39がオススメ

アレルギー症状がでてるけどアレルゲンに心当たりがない人にオススメなのが「IgE-MAST33」という検査です。これは一度にアレルギー症状の起きやすい33項目の検査を受けることができる検査です。費用は健康保険適用で5000円程度の検査で、個別に特異的IgE抗体検査をたくさん検査したい場合には費用が安く済むというメリットがあります。
この「IgE-MAST33」に新たに6種類の検査を加えたのが「Viewアレルギー39」です。費用もMAST33と同様に5000円程度で検査でき、検査項目がMAST33より多いので、扱っていればこちらがオススメです。
以上2つの検査は一度にたくさんの項目を検査することが出来ますが、検査内容を任意で選ぶことはできません。

在宅でもアレルギーの血液検査ができる

MAST33やView39と比べ、「HRT検査」では検査数は5項目と少なめですが検査内容を選ぶことができます。費用も健康保険適用で2000円程度と、やはり個別に5項目の特異的IgE抗体検査を受けるより費用面でメリットがあります。
以上、病院でアレルギーの血液検査をするときの検査の種類や費用などをみてきましたが、通信販売でも在宅でアレルギーの血液検査ができる特異的IgE-MAST36の在宅型検査キットというものがあります。
指先から数滴、自己採血をして、それを検査機関に郵送して検査してもらうという仕組みです。価格は25,000円くらいから。忙しくてなかなか病院にいけないという人は検討してみてはいかがでしょうか。
(当サイトで記載した検査の費用、価格は目安です。詳しくは医療機関にお問い合わせください。)


この記事をシェアする